arrow-right cart chevron-down chevron-left chevron-right chevron-up close menu minus play plus search share user email pinterest facebook instagram snapchat tumblr twitter vimeo youtube subscribe dogecoin dwolla forbrugsforeningen litecoin amazon_payments american_express bitcoin cirrus discover fancy interac jcb master paypal stripe visa diners_club dankort maestro trash

あなたのカート


by ケイポート美容スタッフ


美容・メイク

美容のルーティンを見直そう! スキンケアと食事は似ている?


日々同じような生活をしていても、外的要因(気温、湿度など)や内的要因(ストレス、ホルモンなど)に左右されるのが女性の身体です。毎日同じ肌状態の女性はまずいないでしょう。 美容スタッフが気をつけているコツをご紹介致します。

by ケイポート美容スタッフ


美容のルーティンを見直そう! スキンケアと食事は似ている?

by ケイポート美容スタッフ


日々同じような生活をしていても、外的要因(気温、湿度など)や内的要因(ストレス、ホルモンなど)に左右されるのが女性の身体です。毎日同じ肌状態の女性はまずいないでしょう。でも、毎日同じアイテムを同じように使う方がとても多いです。

毎日違うものなんて使えない!と思いますよね。アイテムを変えるのではなく、つける量や場所をほんの少し変えるだけで肌の反応が変わってきます。美容スタッフが日々気をつけているそのコツをご紹介致します。

【著者】鍋谷かおり

ケイポート美容スタッフ。中学生2人、小学生の姉弟を子育中のアラ45 。料理、ダイエットにすぐ手を出します。掃除は苦手(なので買うものは慎重派、物増やしません)出産、育児、復職を通して痛感した悩み、実践した美容情報を皆さまにお届けします!40代以降の筋肉や骨格の歪みに特化したメイクに興味津々です。シンプルかつコスパの良いお手入れをモットーに、心にゆとりが持てる美容を目指しています。

スキンケアは後回しになりがち

私自身、子供達が小さなときは公園に入り浸り、ママ友達との井戸端会議に花を咲かせていました。その中で、今日のお夕飯何にする?という会話は頻繁に登場します。

「今日は寒いから鍋にする!」

「疲れているから手抜きしちゃおう!」

「麺類が食べたい気分なんだよなぁ うどんかな~そばかな」

よくあるママ同士の会話です。食事はその日の食欲や、体調で味付けや量を変えるのに、スキンケアはワンパターンになっていたと言うことに気が付きました。もともと美容部員をしていたので、スキンケアには関心が高い方でした。でも、子供3人、嵐のような帰宅後の時間。

寝かしつけてホッと一息できれば満点!寝落ちしてしまうこともしばしば。

美容は後回し、時間も暇も手間もかけたくない。肌の不調にはなんとなく気が付いているけれど、見て見ぬフリをしている。

実は面倒くさいが正直なところ。

美容にかける心の余裕がなかったのだと思います。子育てが少しずつ楽になってきた頃、ようやく自分の肌に対峙しました。重なる出産で肌は疲れ果て、いっきに老け込んでしまったような気がしました。

肌と向き合う覚悟を決める

自分の為にも、子供の為にもお手入れを頑張ろうと思った私がまず始めたことは肌の声に耳を傾けることです。店頭でもよくお客様にお話しさせて頂くのですが、スキンケアと食事はよく似ています。お腹がすいたら沢山食べる、食べすぎだなと思ったら控える。

病気の時は胃腸に優しいものを食べ、たまには自分へのご褒美に贅沢をする。シンプルに肌と向き合うのは思うより難しいことではありません。(腰が重い気持ちは分かります!!)

手のクリーム

やるべき3つのこと

① スキンケアをシンプルステップにする!

必要なアイテムが見えてきます。冷蔵庫の中を整理するのと似た感覚で行うのが良いと思います。アイテムが多いと不要なものを見つけることにも時間がかかります。使わないのにいつまでもキープしているものはありませんか?

基本は

  1. クレンジング
  2. 洗顔
  3. 化粧水
  4. 乳液

4ステップです。皮脂過剰は肌トラブルの要因になりますが、脂を取りすぎてしまうのは勿体ないです。特に35歳以降は、洗浄力とトリートメント効果のバランスが良いものがおすすめです。

② 朝晩肌チェックをする!

まずは気になるポイントを自分で決めて少し見るだけで充分です。大事なのは意識を持つということです。

例えば

  • 毛穴の開き具合
  • ほうれい線
  • 目元や目じりのシワ
  • ほほのツヤ

など…

どこが乾いていて、どこが潤っているのかが分かるようになると「足りないところを補う」という感覚が備わってきます。生涯に渡り自身のお肌と関わる上で助かるスキルになります!

③ レスキューアイテムを持つ!

スペシャルケアではなく、時間がない、余裕がない時の為のお助けアイテムを用意します。化粧水と乳液が1つになっているものや、オールインワンの素晴らしいアイテムもたくさん販売されています。

私の場合、プレディア プティメール アクアシーリングジェルがお気に入りです。

プレディア プティメール アクアシーリング ジェル 商品画像

これ一つで化粧水・乳液・美容液・クリーム・マスクの機能があり、海藻ジェルの水絆創膏(アクアパッチ)発想で一晩中肌をシーリングしてくれる優れもの[*1]。 寝落ち前にこれだけは…!という感じでドレッサーではなくベッド脇に置いてあります。

一度に全てやる必要はありません。マイペースが基本です。今日は寒いから、少し重ねづけしてみよう!疲れたから、肌を労わろう!いつもよりも更に優しく触れてみよう!など…。少しずつ、いつものアイテムでも使い方が変わってくるはずです!!是非、参考にしてみてください!

 

参考文献

[*1] プレディア公式HP プティメール アクアシーリングジェル(最終閲覧日:2021/2/24)