arrow-right cart chevron-down chevron-left chevron-right chevron-up close menu minus play plus search share user email pinterest facebook instagram snapchat tumblr twitter vimeo youtube subscribe dogecoin dwolla forbrugsforeningen litecoin amazon_payments american_express bitcoin cirrus discover fancy interac jcb master paypal stripe visa diners_club dankort maestro trash

あなたのカート


by ケイポート美容スタッフ


美容・メイク

楽々シンプル頭皮のお手入れ


どうしても手抜きになりがちな頭皮ケア。この記事では、美容スタッフが30~40代の頭皮ケアについて考えていきます。

by ケイポート美容スタッフ


楽々シンプル頭皮のお手入れ

by ケイポート美容スタッフ


マスクをしていると、法令線やフェイスラインが隠れるので、若返ったように感じるこの頃。老化を隠してくれるアイテム=マスク なんて情けないなぁ、できれば脱マスク時に堂々としていたい…という40オーバーの私の思い(笑)

一言にたるみ といっても、目元、口元、フェイスラインと気になる箇所は千差万別。私自身は数年前から表情筋トレ―ニングをしているのですがもっと他にできることはないだろうか…と常々思っていました。そんな時、ヘアサロンである光景を目撃しました。

裏方のスタッフさんが、頭を指でもみ、さすり、ツボ押していたのです。ほんの数分でしたが、習慣化している素早い手つきに感心。仕事柄顔のマッサージは意識するものの、頭皮は手抜きになりがち…。

でも「頭皮と顔の皮膚はつながっている」という事実。

1日1回でも10年やれば3650回の差…。たった数分だけれど、長い目でみたら大きな差…あのくらいならずぼらな私でもできるかもしれない…。たるみケア+頭皮頭髪悩みも解決出来たら…という思いから今回は頭皮のお手入れについて考えていきたいと思います。

目次

40代以降に起きる頭皮頭髪悩み

肌のスキンケアはしていても、頭皮や髪のお手入れは後回しにしがちな生活。でも、ママ友達と会話している所々に髪の悩み座談会になるときがあります。

  • ボリュームが減ってきた

  • ツヤがなくなりパサつく

  • 白髪が増えてきた

  • ハリコシがない

  • 抜け毛

  • 頭皮がたるんで顔もたるんでしまいそう

美容師さんに相談すると、良いものを勧めてくれるけれど継続できない という事も多々あります。コスパが合わない、生活スタイルに合わない、結局面倒くさい など。続かない理由は盛り沢山、でも悩みは増える一方だな…と感じました。

頭皮悩み

頭皮がたるむ原因

生活習慣や、紫外線、ストレス、ダイエットや偏った食生活による栄養不足からくる代謝の乱れなど、気が付かないうちに頭皮のたるみはすすんでいます。

顔の皮膚とは違い、筋肉を使って日々動かしていくことが難しい頭皮。試しに表情筋を動かしてみて下さい。かろうじて動くのはこめかみサイドの頭皮のみ。頭頂部や、後頭部を動かすのは困難です。(動かせた方いますか??笑)

頭部の筋肉はそれぞれが独立しており、しかも薄いです。身体にある他の筋肉に比べて大きな動きに欠けるため頭蓋骨と癒着しやすいと言えます。これが頭皮が硬くなる要因の一つであり、血行不良を引き起こします。

すると頭皮が痩せてくる→さらに血流が悪くなる という悪循環に陥ります。

 

頭皮のお手入れは個人差が大きい

頭皮頭髪悩みや、たるみと密接に関わっている頭皮のお手入れ。汚れを落とすという点でも、皮脂や角質をきちんと落とせているかどうかは洗い方によってとても個人差があります。

予洗いが良いと分かっていても、なかなか手間な作業です。小さなお子様がいれば、お風呂時間も戦場です。サロンで洗ったように、すっきり爽快といかないのが日々の洗髪ではないでしょうか。

 女性は力も弱く、丁寧に洗うことがなかなか難しい。そして、40代以降に起こる、髪のトラブル(フケ、うねり、匂い、抜け毛など)は通常の洗髪では取り切れない、毛穴に詰まった皮脂や汚れが大きな原因。

しっかりと汚れを落とし、血行を促進することで健やかな頭皮の状態が保たれます。

 

頭皮のお手入れステップ

1. 頭皮の汚れをしっかりと落とす

頭皮の汚れは自分から分泌されたもの(皮脂、角質など)と外からついたもの(ちり、ほこり、花粉など)の大きく分けて二種類のものがあります。

  • ブラッシングをして汚れを落とす

  • お湯の温度は38度くらいのぬるめ

  • 予洗いをする(1~3分程度 髪の量や、長さによる)

  • シャンプーをよく泡立てる(髪の毛で泡立てない)

  • よくすすぐ(洗い残しはトラブルの元)

書き出してみると、とてもシンプル。出来るところから取り入れてみてはいかがでしょうか?他力本願な私がオススメするのはシャンプーの見直しです!

洗浄成分にこだわって、力のない女性でもすっきりと洗い上げるタイプなども発売されています。まずはしっかりと汚れを落とすことが、頭皮ケアの第一ステップです。

2. 血行を改善する

ヘッドマッサージの方法に関しては様々な媒体で紹介されています。(費やす時間や行程も様々なのでライフスタイルにあったものを試してみるのが良いと思います)

大きく分けて3つの流れがあります [1]。

①首と頭皮を緩める 

②頭皮をほぐす 

③リンパを流す

マッサージの基本は もむ・おす・さする・タッピングの4点。あまり大きく構えずに、気持ちが良い箇所を触っているという感覚で良いと思います。

大切なのは意識すること!習慣になってきたら、育毛セラムや頭皮用美容液なども使用してみるとより効果的です。香りに癒されるものや、感触に変化があるものなど種類も豊富に発売されています。またフケやかゆみ、抜け毛、薄毛の進行を抑えるなど悩みに応じて選ぶのも◎。


 ついつい後回しになりがちですが、顔にも影響がでる頭皮ケア。頭皮の血流が良くなれば、顔の血流も良くなります。出来ることから少しずつ取り入れて、10年後3650回の差(とまでいかないまでも)を生んでいきましょう!

 

【著者】鍋谷かおり

ケイポート美容スタッフ。中学生2人、小学生の姉弟を子育中のアラ45 。料理、ダイエットにすぐ手を出します。掃除は苦手(なので買うものは慎重派、物増やしません)出産、育児、復職を通して痛感した悩み、実践した美容情報を皆さまにお届けします!40代以降の筋肉や骨格の歪みに特化したメイクに興味津々です。シンプルかつコスパの良いお手入れをモットーに、心にゆとりが持てる美容を目指しています。

参考文献

[1] メゾンコーセー公式サイト