arrow-right cart chevron-down chevron-left chevron-right chevron-up close menu minus play plus search share user email pinterest facebook instagram snapchat tumblr twitter vimeo youtube subscribe dogecoin dwolla forbrugsforeningen litecoin amazon_payments american_express bitcoin cirrus discover fancy interac jcb master paypal stripe visa diners_club dankort maestro trash

あなたのカート


by ケイポート美容スタッフ


美容・メイク

40代のマスクとメイクを楽しむポイント


雑誌やネットでのマスクメイク特集があちこちで見られるようになりました。でも、情報が多すぎて一体何をどうしたら良いの?となってしまいがち。 マスクをしても、外してもきちんと見える30代~40代のためのマスクメイクのコツについて考えてみたいと思います。

by ケイポート美容スタッフ


40代のマスクとメイクを楽しむポイント

by ケイポート美容スタッフ


雑誌やネットでのマスクメイク特集があちこちで見られるようになりました。でも、情報が多すぎて一体何をどうしたら良いの?となってしまいがち。

マスクをしても、外してもきちんと見える30代~40代のためのマスクメイクのコツについて考えてみたいと思います。

目次

主役はマスク?メイク?

まず、どちらを主役にするのかを決めましょう。通常のメイクでも、目元にポイントを置くのか、口元にポイントをおくのか 一番際立たせたい部分を決めることでやりすぎ感のないメイクを楽しむことができます。

マスクが主役のメイク

ファッションに合わせて、色々なマスクを選択できるように、各メーカーから様々なマスクが発売になっています。色やデザイン、素材も様々。デザイン性の高いマスクを購入して楽しんでみるのも良いですね。黒いマスクも小顔効果は抜群!40オーバーでも楽しめます。マスクを主役にする時には、いつもより引き算メイクを心掛けて。アイメイクは控えめに。(手抜きではなく)マスクの中で使われている色のアイカラーなどを使って統一感を出すのも面白いです。

メイクを際立たせるマスク

お気に入りのアイシャドウを際立たせるマスクを選ぶのがポイント。カラーとしてはベージュやピンクやラベンダーなどが肌に温かみのある印象を与えます。白いマスクは肌を青白く見せてしまうので、メイクは血色感を重視するのが大切です。普段イエローベースやブルーベースで色選びをしている方も、マスクによって肌色のコントロールができるので、いつもとは違うカラーが楽しめます。

40代のマスクメイクのポイント4つ

① ファンデーション

マスク内はとても蒸れやすく、メイクが崩れやすくなるので薄くつけるがポイントです。フェースラインに隠したいトラブルがない場合は、ファンデーションをつけないことでぬけ感を演出できます。

マスクにつきにくいタイプのファンデーションや、メイク後にスプレーしてメイクをキープするミストなどを使うことで崩れにくくなります。

② チーク

マスクから出ている部分にほんのり赤みがでる意識でつけましょう。笑って膨らんだ部分にチークをつけがちですが、40オーバーになると素の顔に戻った時にチーク位置が下がってしまい頬のたるみを助長してしまうので注意です。

鏡で自分の顔をよく見て本来の赤みがどこにあるのかを意識してつけるとより自然な仕上がりになります。 

③ 眉

マスクに対して平行ではなく少し眉尻に向かって上昇カーブをつけるのがポイント。眉尻が下がっていると悲しい印象にもなりますし、こめかみの皮膚が下がっている印象を与えフケ顔に見えます。

加齢に伴い、眉と目元の幅が広くなりやすいので、眉の下ラインを意識することも大切です。そして、色の濃さも重要です。優しいフェミニンな印象にしたい時はふんわりチップやブラシで粉をのせます。

パウダーだけでは眉がぼやけがちになりやすいのが40代以降。部分的にペンシルを利用したりするのもおすすめです。

モダンな印象に見せたい時には、コームで毛をとかし、毛流れを強調する眉マスカラなどを使うと◎。色が濃すぎる眉は印象が強くなってしまうので注意が必要です。

④ 口紅

マスクをしているので何も塗らない という方も多いと思いますが、マスクを外した途端にさみしい印象になるメイクは避けたいところです。そして、最近増えているのが唇のトラブル。マスクの摩擦や着脱時の水分蒸発で唇が荒れやすくなっています。

唇をトリートメントし、ティントタイプや口紅コートなどを使って、マスクを外した時にもぼやけない唇を意識しましょう。

⑤ 目周り

目周りは特にツヤ重視です。マスクから出ている部分で視線が集中しやすくなります。鼻筋やÇゾーン(こめかみは避ける)にハイライトとしてツヤをオンしましょう。

パールやラメの入っていないバームタイプが40代以降にはおすすめです。目元は細かいシワが沢山あり、凹凸に均一にラメやパールが入るわけではないのでよりシワを強調してしまう場合があり要注意です。

クレンジングのポイント

① 専用リムーバーを使う

目元、口元に関しては汚れが残りやすいので専用リムーバーがおすすめです。特にこすり過ぎの摩擦は肌に負担をかけ、たるみやシワ、色素沈着などのトラブルのもとになります。

高価なアイクリームを使う前に目元リムーバーを使うことで状態が改善されることもあります。

専用リムーバーは、摩擦防止の為に洗浄力が弱めのクレンジングとは必ず組み合わせて欲しいアイテムです。洗浄力が強いオイルで全体を落とすという方もいますが、その場合も目元の乾燥を招くのでやはり専用リムーバーが必要です。専用リムーバーは1000円前後とコスパが良いものが多いのでお試ししてみて下さい!

② 洗浄力だけではなく、肌の状態に合わせてクレンジングを選ぶ

クレンジングに含まれる界面活性剤はセラミドなどの肌のうるおいを保つ成分を溶かしだしてしまいます。環境などの外的要因やホルモンバランスなどの内的要因を考慮して、その時々に必要なものを選ぶのがベストです。個人的には2種類以上の使い分けをオススメしています。

③ クレンジング料はぬるま湯で洗い流す

浮いたメイクの汚れは体温よりも少し低めの温度で洗いながします。温かさを感じる温度での洗い流しは、肌に必要な油分まで洗い流してしまいます。

④ クレンジングは使用量が大切

肌に摩擦をかけず、こすらないようにする為に使用量はとても大切です。油性の汚れとなじむように作られているので、浮かす!という感覚をもって肌の上で馴染ませます。手に出した時の弾力=クッションの役割になります。選ぶときに意識してみても良いかもしれません。

⑤ 洗いあがった後はタオルでこすらない

せっかく優しく洗い上げたのに、タオルでゴシゴシこするはNG。皮膚はとても薄いものです。触れるか触れないかの優しいタッチで拭きましょう。

⑥ 肌の最終チェックを忘れない

肌のつっぱりはないか?赤みが出ていないか?洗い残しはないか?など肌状態を観察して次のクレンジングにいかします。

落とすアイテムの負担はとても大きい ということを忘れずに!

お肌を労わるクレンジングが30代以降はとても大切になってきます。日々の生活も環境も人それぞれ、自分に合ったクレンジングを見つけてその日の汚れはきちんとリセットしましょう。

大切なのは立体感

欧米人と比較して、日本人の顔はもともと立体感にかける為、顔の印象がのっぺりしています。マスクによって顔半分の立体感が覆われてしまうため、出ている部分の立体感を大切にすることがとても大切です。

今まで意識してこなかった目元、鼻根、眉の立体感を意識すること、そしてマスクをとった後口元がぼやけてしまわないことに留意しましょう。

おすすめアイテム

ハイライトやローライト、チークは顔の立体感をつくるアイテムとして広く使われています。

ただ色選びや、粉重ねをすることで自然なツヤがなくなり厚みが出るなど40代以降の肌には注意しなければならないポイントが沢山あります。

私がおすすめするのは筆タイプのコンシーラー。ツヤがあり、肌色にも馴染みやすく自然な立体を簡単に作ることができ、持ち歩くのにも便利です。

コンシーラーはトラブルを隠すためのアイテムと思われがちですが、テクスチャーによって様々な使い方ができ、あると便利アイテムです。メーカーによって、固さ、色味が微妙に異なるので是非見比べてください。

マスクメイクを楽しもう!

ご紹介したポイントを最初から全て意識するのはとても大変なこと。自分が一番興味のあるパーツから少しずつ手をかけていくのが良いと思います。脇役であったマスクが今は顔の大部分を占める主役級アイテムになりました。

マスクを味方につけて、色々なメイクを楽しめるのは今ならではとマインドチェンジ!!ポジティブにマスクメイクを楽しんでいきましょう!

 

【著者】鍋谷かおり

ケイポート美容スタッフ。中学生2人、小学生の姉弟を子育中のアラ45 。料理、ダイエットにすぐ手を出します。掃除は苦手(なので買うものは慎重派、物増やしません)出産、育児、復職を通して痛感した悩み、実践した美容情報を皆さまにお届けします!40代以降の筋肉や骨格の歪みに特化したメイクに興味津々です。シンプルかつコスパの良いお手入れをモットーに、心にゆとりが持てる美容を目指しています。