arrow-right cart chevron-down chevron-left chevron-right chevron-up close menu minus play plus search share user email pinterest facebook instagram snapchat tumblr twitter vimeo youtube subscribe dogecoin dwolla forbrugsforeningen litecoin amazon_payments american_express bitcoin cirrus discover fancy interac jcb master paypal stripe visa diners_club dankort maestro trash

あなたのカート


by ケイポート美容スタッフ


美容・メイク

洗いすぎ・取りすぎ注意報!クレンジングの選び方


クレンジングはスキンケアの中で肌の負担が大きいものです。肌に必要な潤いまで奪ってしまい、それをまた自分で補うという負のサイクルにはまっていませんか?この記事では、クレンジングのいろはについてお話します。

by ケイポート美容スタッフ


クレンジングの選び方

by ケイポート美容スタッフ


クレンジングはスキンケアの中で肌の負担が大きいものです。肌に必要な潤いまで奪ってしまい、それをまた自分で補うという負のサイクルにはまっていませんか?

加えて、クレンジング時の摩擦で乾燥や小じわを引き起こしている可能性もあります。30歳を過ぎたら皮脂を適度に残しつつ、不要なものをしっかりと落とすことが大切です。キレイの基本はクレンジング!!です。

目次

肌が乾燥した時に見直すポイント

店頭でも、お肌が乾燥するので何かおすすめの美容液はありませんか?という悩みをよく聞きます。ただ、よくよくお話を伺うと、洗浄力の高いものでメイクを落としており、自ら乾燥を招いていることがとても多いです。

W洗顔はすっきりさっぱりが良いという刷り込みイメージが強すぎる…と個人的には思っています。30歳を過ぎて、私が意識しているのは以下二点です。

  • 肌にとって必要な潤いは残しながら不必要な汚れを落とす
  • 天然のうるおいの素となる皮脂を大切にする

皮脂=汚れではありません。汗と混ざり合い皮脂膜となって天然の保護クリームとなります。過剰な皮脂分泌はトラブルの原因となりますが、お肌にとってとても大切なものなのです。皮脂を悪者にするのではなく、過剰な皮脂分泌の原因を突き止め、改善していくことが大切です!

過剰な皮脂分泌の原因となるもの

  • ホルモンバランス
  • 乾燥 
  • スキンケア方法の間違い 
  • ストレス
  • 食生活の乱れ
  • 環境温、湿度、紫外線、季節などの外的要因

クレンジングの種類と洗浄力

オイル

洗浄力 ★★★★

 メイクは油性の汚れなので、オイルはなじみが良く、不要な力をかけずに汚れを落とせる。皮脂分泌が多い人におススメ。

短時間でメイクが落とせる、さっぱりするという利点から愛用者が多いオイルですが乾燥肌の方には注意が必要。取りすぎて乾燥→皮脂分泌活発→テカるのでまた脂をとる という悪循環にはまっている方も多いです。乾燥による肌のごわつき感があるのに皮脂のテカリが気になる!という方は一度クレンジングの見直しをした方が良いでしょう。

30代以降のオイルクレンジングはどんな洗浄剤が使われているか?どんなトリートメント効果があるのか?に留意して潤いを奪いすぎない商品を選ぶのが鉄則です。

リキッド

洗浄力 ★★★★

水分ベースでさらさらしており、しっかりメイクもオフ。オイルフリーなものが多いのでマツエクをしていても安心。オイルやクリームタイプの被膜感が苦手な方にはおすすめです。マツエクは時間がない女性にとってとても助かります。私もだいぶお世話になりました!オイルほどではないにしても洗浄力が高いので注意が必要です。

バーム

洗浄力 ★★★

洗浄力はオイルに劣るものの、しっかりメイクも潤いを残したまま洗い上げます。保湿成分が多く含まれているので、おすすめです。なんといってもテクスチャーが今どきです(笑)

体温により、バームがオイル状になるのでメイクと馴染みやすく敏感肌の人でも使用できるものもあります。更に毛穴汚れなどにも効果が高いので最近とても人気があります。1つは持っておいて損はないクレンジングです。

ジェル

洗浄力 ★★★

油性ジェル、オイルフリー水性ジェルなど様々なタイプのものがあります。ジェルならではの弾力を感じるテクスチャーです。クリームの油膜感がきになる人におすすめ。

クリーム

洗浄力 ★★

しっとり洗いあがるので乾燥肌の人にオススメ。洗いあがりはしっとりなめらか。ふき取りタイプと洗い流しタイプがある。油膜感が苦手な方は一度ティッシュオフをすると良いです。

ミルク

洗浄力 ★

水分と油分のバランスが良く、お肌に負担をかけずに汚れを浮かすことができます。肌に優しいタイプのものが多く、ナチュラルメイクの方におススメ。

ローション

洗浄力 ★

ふき取るタイプでとにかく楽。ただ、乾燥の原因、コットンの摩擦が肌に負担になる場合もあるので、肌状態には注意が必要です。(敏感やゆらぎ肌の時には特に)手軽さはあるので、お助けアイテム的な使い方が良いと思います。

 

クレンジングは多種多様な商品が発売されており価格帯も様々です。一般的に、オイルは洗浄力が強い!乾燥肌にはむかない!という意見もあります。しかし、商品によってトリートメント成分が配合されていたり、洗浄成分に差があったりと一概に判断することが最近は難しくなってきています。

また高価格帯のクレンジングは+αの効果があるものが多く、クレンジングの概念が変わってしまうほどの驚きがあります。店頭にて声をかけて頂ければ、お悩みに合わせたものをご紹介させて頂きます。

クレンジングのポイント

① 専用リムーバーを使う

目元、口元に関しては汚れが残りやすいので専用リムーバーがおすすめです。特にこすり過ぎの摩擦は肌に負担をかけ、たるみやシワ、色素沈着などのトラブルのもとになります。

高価なアイクリームを使う前に目元リムーバーを使うことで状態が改善されることもあります。

専用リムーバーは、摩擦防止の為に洗浄力が弱めのクレンジングとは必ず組み合わせて欲しいアイテムです。洗浄力が強いオイルで全体を落とすという方もいますが、その場合も目元の乾燥を招くのでやはり専用リムーバーが必要です。専用リムーバーは1000円前後とコスパが良いものが多いのでお試ししてみて下さい!

② 洗浄力だけではなく、肌の状態に合わせてクレンジングを選ぶ

クレンジングに含まれる界面活性剤はセラミドなどの肌のうるおいを保つ成分を溶かしだしてしまいます。環境などの外的要因やホルモンバランスなどの内的要因を考慮して、その時々に必要なものを選ぶのがベストです。個人的には2種類以上の使い分けをオススメしています。

③ クレンジング料はぬるま湯で洗い流す

浮いたメイクの汚れは体温よりも少し低めの温度で洗いながします。温かさを感じる温度での洗い流しは、肌に必要な油分まで洗い流してしまいます。

④ クレンジングは使用量が大切

肌に摩擦をかけず、こすらないようにする為に使用量はとても大切です。油性の汚れとなじむように作られているので、浮かす!という感覚をもって肌の上で馴染ませます。手に出した時の弾力=クッションの役割になります。選ぶときに意識してみても良いかもしれません。

⑤ 洗いあがった後はタオルでこすらない

せっかく優しく洗い上げたのに、タオルでゴシゴシこするはNG。皮膚はとても薄いものです。触れるか触れないかの優しいタッチで拭きましょう。

⑥ 肌の最終チェックを忘れない

肌のつっぱりはないか?赤みが出ていないか?洗い残しはないか?など肌状態を観察して次のクレンジングにいかします。

落とすアイテムの負担はとても大きい ということを忘れずに!

お肌を労わるクレンジングが30代以降はとても大切になってきます。日々の生活も環境も人それぞれ、自分に合ったクレンジングを見つけてその日の汚れはきちんとリセットしましょう。

私のクレンジングとの付き合い方

所詮メイク落とし、適当でいいやと思っているなら大間違い!肌に負担をかけるクレンジングだからこそ、最も慎重に丁寧に選ぶべきだと私は思っています。特にこれからの季節は花粉の影響や乾燥など肌トラブルが頻発する時期。日々の肌状態や環境が違う中、私のクレンジングとの付き合い方をご紹介致します!

私のクレンジングは使い分け

  • メイクの濃さ、薄さで選ぶ → そのメイクを落とす適量の洗浄力のもの
  • 時間があるか、ないかで選ぶ → メイクと馴染み、浮かす時間
  • 肌の状態で選ぶ(乾燥、敏感、皮脂状態など) → 刺激にならないか?ベースの厚みがしっかりあるかないか(手に出した時のベースの厚みが肌とのクッションになるイメージです)
  • 完全気分で選ぶ 絶対〇〇からの解放 → 香り・+αの効果

私にとってクレンジングはスキンケアの要です。

基本はクリーム2種、ジェルを使用。

年齢的に奪いすぎは避けたいので日常はクリームを使い、時間がない時はジェルを使います(飲みすぎて早く寝たい時、何もかも疲れている時など(笑) ただ、次の日の朝は高価格帯のスペシャルなクリームでディープクレンジング。

(すっぴん状態で)昨晩は手間をかけず申し訳ありませんでした。」という気持ちを込めて肌を労わります。肌が弱っている時には洗浄力が強いクレンジングは命取りです。メイクもなるべくナチュラルに仕上げ、洗浄力は最小限にします。

気分で選ぶというのも実は大切。せねばならないというお手入れは義務となり楽しくありません(笑)

最近はバームタイプの勢いが凄いので、次に買い足すのはバームにしようと今情報収集中です。スキンケアは日々の事、だから楽しさがそこにあって欲しいが私の思いです。

 

【著者】鍋谷かおり

ケイポート美容スタッフ。中学生2人、小学生の姉弟を子育中のアラ45 。料理、ダイエットにすぐ手を出します。掃除は苦手(なので買うものは慎重派、物増やしません)出産、育児、復職を通して痛感した悩み、実践した美容情報を皆さまにお届けします!40代以降の筋肉や骨格の歪みに特化したメイクに興味津々です。シンプルかつコスパの良いお手入れをモットーに、心にゆとりが持てる美容を目指しています。